アレルギー性胃腸炎と診断されました。

アレルギー性胃腸炎とは

先日、体調不良で病院へ行くとアレルギー性胃腸炎と言われました。

アレルギー性胃腸炎の正式名称は【好酸球性消化管疾患】で、難病にも指定されているものです。

私の症状としては、胃酸が上がるような感じがあり、げっぷが出やすい、腹痛、吐き気、そしてその症状が出てすぐに咳がでました。人によっては体重減少や血便なんかもあるみたいです。

去年、あるブロガーさんがピロリ菌を調べるキットを紹介していて、私も何気なく調べたらピロリ菌がいて、そこから胃カメラやピロリ菌除去で一週間の薬を飲みましたが、その際に今後もしかしたら逆流性食道炎になりやすいと先生から言われました。

(ピロリ菌がいたら、胃酸があまり出ないみたいです。しかし胃がんのほとんどはピロリ菌が原因の様です。)

ピロリ菌検査キット (便中ピロリ菌抗原検査)・糞便中ヘリコバクターピロリ抗原定性検査 自宅で簡単 ピロリ菌 検査キット 1週間程度で結果をお届け ピロリ菌検査 ピロリ菌検査キット 胃がん検診 郵送検査
価格:3880円(税込、送料無料) (2021/6/27時点)楽天で購入

去年の先生の言葉もあり、ネットで調べた症状を見る限り、自分は逆流性食道炎だと思っていました。

市販の胃薬(胃酸の逆流を押さえるもの)を飲むと症状は楽になりましたが、その頃毎日のんでいた大好きなマ○ントレー○アのカフェラテが飲めなくなり、一週間ほどでまた同じような症状になったので何か変だなとは思っていました。

内科に行って胃薬と咳止めをもらいましたが、一向に改善せず胃腸内科のレントゲンで小腸が腫れており発覚しました。

病院の先生から「最近食べた食べ物があっていなかったんじゃない?」なんて言われましたが、それを聞いてドキッとしました。

なんと半年前から、ダイエットの為に朝食をミックスナッツオンリーとコーヒーの生活をしていたのです!!

しかも〇スト〇のミックスナッツが一番美味しくてそこでしか買っていなかったのですが、ミックスナッツが売り切れていたので、途中からカシューナッツオンリーでした。

頑張ってダイエットで5kg程痩せたと思っていましたが、まさかアレルギー性胃腸炎の体重減少によって痩せただけだと思います。

本当に何しているのかと自分で呆れます。

良かれと思ってやっていた事が、まさかこんな結果を引き起こすことになるなんて思いもしませんでした。

病院で胃薬など貰いましたが、基本的にはFODMAPを確認して、自分で管理するように言われましたが、またまたFODMAPを見て、ビックリです!!

私が大好物なものがほとんど”高FODMAP”になっているのです。

ちなみにカシューナッツとコーヒーには必ず入れていた牛乳も高FODMAPでした。

FODMAPについて

FODMAPとは、私のようにアレルギー性胃腸炎の患者だけではなく、逆流性食道炎や、過敏性腸症候群を患っている方の食事療法として取り入れられているものです。

そして気を付けなければならない”高FODMAP”とは

野菜:玉ねぎ、マッシュルーム、にんにくなど

豆類:大豆、黒豆

果物:リンゴ、アボカド、もも、すいかなど

肉類:加工肉、ソーセージ

穀物:小麦

乳製品:豆乳(大豆たんぱくなら良い)、牛乳、ヨーグルト、生クリーム、アイスクリーム、チーズ

発酵食品:キムチ、納豆、漬物

その他:カシューナッツ、はちみつ、顆粒調味料など

ざっとみても、毎日必ず取っているものが、高FODMAPに入っています。

一番つらいのが、玉ねぎと小麦がダメな事です。

パンやラーメン、うどんなんかも大好きですが、だいたいの物に小麦って使われていますよね。

この前外食に行って、ホッケ定食を頼みましたが、【アレルギー:小麦】の表示を見て驚きましたし、

納豆も漬物を食べれないので、ふりかけをかけてご飯を食べましたが、そこにも小麦が使われているんですよね。

牛乳なんかは、年中コーヒーには欠かさず、HOTでもICEでも入れていました。

ブラックが飲めないのでそれも辛いです。

牛乳の代わりに豆乳もダメなので、これに関しては代替がありません。

しかし、病院の先生も言っていましたが、完全に取り除くことは無理ですが、意識して出来るだけ取らない様にするだけでも違うようです。

まとめ

今考えると、食後すぐにお腹が痛くなってトイレにかけこんでいましたが、(ラーメンと焼き肉を食べた時、アイスコーヒーを飲んだ時は必ず)

その時は、消化が早いなんて軽く考えていました。

しかしその症状も、食べたものによるアレルギー反応で腹痛が起こっていたんだと思いました。

この病気は、症状が出てから腸の炎症を抑える薬はあるものの、難病指定で今の所は確立した治療法もなく、自分の食べるものによって症状が出てきます。

その為、再発する可能性も多く、一生向き合っていかなければいけない症状です。

診断されて2週間以上たちますが、アレルギー性胃腸炎によって出だした咳がまだ少し治っていないものの、小腸の腫れは引いたのかなと思います。

去年のピロリ菌除去後、年に一度は胃カメラをするつもりでいたので、来週胃カメラをして、胃の状態が確認出来るので良かったです。

本当に体の不調があったら、すぐに病院に行くべきですね。

そして、私のように便利なキットを使ったりして、たまには検査するのもいい手だと思います。

何も気にせずに、ご飯を食べられない事がとても辛いですが、自分の体は自分で管理していくしかないですよね。

少しでも長生きしたいので、後ろ向きな発言はせず、無理のないように気をつけていきたいと思います。

一生付き合う病気なので、どうせならアレルギー性胃腸炎の事もこれから発信していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。