演じ屋~逆転のシナリオお売りします~ 16話 ネタバレ!3000万がヒロヤの手に渡ってしまう!!

演じ屋 ~逆転のシナリオお売りします~16話 (とどろきゆうき/野口照夫•コミックBravo!)のあらすじやネタバレを含む感想を紹介します!

演じ屋 16話 あらすじとネタバレ

16話 あらすじ

藍花は、宝くじの当選金と引き換えに、ヒロヤにある約束事を交わそうと考えている。

そしてヒロヤにお金を渡すと約束をした時間になり、ヒロヤとユウトはやってきますが…。

⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈

マンガ代が半額になるクーポンの他にも、お得にマンガが読めるクーポン配布中!!

⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊

16話 感想

藍花が何故見知らぬ子供のユウトにここまでするのかと疑問でしたが、自分も虐待されて育っていたなんて驚きました。

しかし生まれた親によって、その子の人生が決まるなんて改めて残酷ですよね。

もし自分が虐待する親の元で育っていたら、今とは全く違った人生を歩んでいるだろうと思うと恐ろしいです。

そして今はあまり叩いたりしている親は見ませんが、親が手を出すと子供は必ず暴力で解決してしまうと言うことを聞いたことがあるので、自分の子供であっても接し方は本当に気を付けなければいけないですね。

ユウトを家に帰す前に、手を出さないとヒロヤに約束していたにもかかわらず、ユウトの顔の傷はとても酷いものでした。

私は人から殴られた事がないので分かりませんが、顔にアザが出来るまで殴られるなんて、本当に辛いし怖いですよね…。

喧嘩をしてお互いに殴り合いをするならまだしも、何も悪い事をしていないのに一方的に殴られるなんて考えるだけでも耐えられません。

しかも子供が大きな体格の大人から殴れるのは、痛さだけではなく怖さも倍増ですよね。

約束すると言っていたものの、ヒロヤはこの時点で約束を果たせていませんが、人の心を持っていないような男に、約束なんて最初から通用しないことは分かっていました。

しかし藍花は、こんな男にお金を渡す代わりにユウトの前から姿を消すように、そして母親が払っているヒロヤの借金をこのお金で払うようにと言っていますが、絶対に約束なんて守らないのが目に見えているのに、なぜまた約束をしているのか不思議です。

その場だけはいい返事をして、3000万全てを自分で使い切り、その生活が止められなく更に借金が増えてしまう…。

っと、どうせこんな考えなんだろうなと思ってしまいました。

ヒロヤも人として何かが欠如していますが、ヒロヤもあまりいい環境ではない中で同じように育てられたんだろうと思うと、ある意味被害者ですよね。

柴崎と藍花は、ヒロヤに約束事を伝えお金を渡してしまいますが、その瞬間に例の怖い取り立て屋達が現れます。

この取り立て屋達を演じ屋が来るように依頼したのかは分かりませんが、直接お金を返す事ができ、ヒロヤが持ち逃げする可能性がなくなり良かったですね!!

しかしこのまま無事に終わりそうになく、まだまだ何か起こりそうな気がして仕方ありません。

ユウトの身に何も無い様に、それだけが心配です。

今なら1350円分の漫画が、無料で読めます🎶

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。