かつてそれは愛だった 11話 ネタバレ!加奈子の存在に気づかない辰雄!!

かつてそれは愛だった 11話(水無月ソラ いちふみ子/comico)のあらすじやネタバレを紹介します。

かつてそれは愛だった 11話 あらすじとネタバレ

11話 あらすじ

加奈子の存在に気付いていない夫の辰雄が、一番苦手な部類の真理亜と連絡を取り合っている事を知ってしまう。

そして加奈子は目の前にいるはずの辰雄から、連絡がきます。

⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈

マンガ代が半額になるクーポンの他にも、お得にマンガが読めるクーポン配布中!!

⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊


11話 感想

主人公の加奈子と真理亜の兄弟間の格差も、見ていて本当に辛くなりました。

幼い頃から、ワガママを言っているのは真理亜の方なのに姉だからと我慢をさせられてしまう…。

私も長女なので、我慢をしなければならない事もよくあって加奈子の気持ちは少しは分かります。

加奈子の性格があんな感じになったのも、確実に親の接し方に問題があるからだと思います。

小さいながら、明らかに自分よりも妹の真理亜の方が可愛がられている事を知るなんて…。

本当に可哀想です。

真理亜の方は、加奈子の気持ちなんか知る事もなく、加奈子とは正反対に天真爛漫の性格をしていて、誰からも好かれて自己肯定感もさぞ高いんだろうなと思います。

自分の持っていない物を持っている真理亜が、自分の友達や親までもを無意識に自分の物にしてきた過去があり、夫の辰雄だけでも真理亜に取られたくないとずっと思っていた加奈子。

加奈子も出来るだけ二人を合わせない様にと気を張っていたのに、加奈子の目を盗んで連絡を取り合う仲になっているなんて許せないですよね。

しかもよりによって、一番嫌いな妹とだなんて何考えているんだろうと思います。

連絡をしているだけならまだ許せますが、どんな関係なのか、そして真理亜と辰雄はお互いにどう思っているのかとても気になりますね。

今回も、目の前に加奈子がいるのに気づいていない辰雄。

部屋もいつのまにか綺麗に片付けられていて、食器も洗われていて加奈子を家中探し回っている事が不思議でたまりません。

辰雄から今どこにいるのかと連絡がありますが、何故加奈子の存在が気づかれていないのか謎は深まるばかりです。

今なら1350円分の漫画が、無料で読めます🎶

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。