娘が初めて「ママ」と呼んだのは、夫の不倫相手でした 9話ネタバレ

娘が初めて「ママ」と呼んだのは、夫の不倫相手でした 9話(リナ、釈氏とおる/KADOKAWA)のあらすじやネタバレを紹介します。

娘が初めて「ママ」と呼んだのは、夫の不倫相手でした 9話あらすじとネタバレ

9話 あらすじ

ヒナとナオキが不倫発覚後も何度も会っている事を知り、問い詰めたリナですが、ナオキは逆ギレしたりと話にならない様子。

そして最後に、まさかの人物が現れます。

⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈

マンガ代が半額になるクーポンの他にも、お得にマンガが読めるクーポン配布中!!

⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊


9話 感想

ナオキは自分が一番悪いのに、逆ギレしていて本当に気分が悪くなりました。

結婚しているのに不倫して、しまいには不倫相手を妊娠させるなんて、リナやリナとの子供に対し、最大限の裏切り行為ですよね。

キレたいのはリナの方なのに、ナオキは離婚をしないと一点張りで話が通じません。

しかもヒナは、離婚をしてくれないからとお腹の子を死産させたみたいな事をナオキに言っている様ですが、意味が分かりませんよね…。

言っている事が訳が分からな過ぎて、ナオキと再婚するしないにかかわらず、ヒナみたいな人が母親になって、大丈夫なのか心配になります。

きちんと育てられるのか、今のままだったら一生トラブル続きの様な気がして、子供が可哀想に思いました。

しかもリナも含めてみんなで話し合った後、何度も会っている中の一回は、性行為をしていたなんて、馬鹿にするのもいい加減にしてほしいですよね。

ここまで来ると、ヒナやナオキは慰謝料だけ払い、リナの前から二度と姿を表さないでほしいです。

リナや子供にとってももっといい男性と再婚をするのを勧めたいです。

何故か私が怒りに震えていますが、リナもこんな人達を相手にしないといけないだなんて、大変そうですね…。

これだけでも怒り心頭なのに、何と!!

ナオキの母親が登場してくるとは思わなかったです。

ナオキの母親は自分の息子の過ちを棚にあげて、離婚をすると言っているリナを責めています。

ナオキ親子が偉そうにしていて、見ていて本当に恥ずかしい人だと思いました。

いくらなんでも、まずはリナに申し訳ないと思い謝罪をすると思いますが、謝罪の言葉もなく、息子を擁護している母親…。

こんな人が夫や義理母なんて、考えるだけで恐ろしいですね。

あまりにも自分が責められている意味が分からなくて、ナオキとヒナの行為中の動画を母親に見せたリナですが、ここだけが唯一スッキリした場所となりました。笑

ヒナ、ナオキ、ナオキの母親と、登場人物がとんでもない人ばかりですが…。

リナにとって、早く平穏な暮らしになればいいの、癖が強い人達ばかりで中々思う様にはいきませんね。

今なら1350円分の漫画が、無料で読めます🎶

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。