娘が初めて「ママ」と呼んだのは、夫の不倫相手でした 8話ネタバレ

娘が初めて「ママ」と呼んだのは、夫の不倫相手でした 8話(リナ、釈氏とおる/KADOKAWA)のあらすじやネタバレを紹介します。

娘が初めて「ママ」と呼んだのは、夫の不倫相手でした 8話あらすじとネタバレ

8話 あらすじ

ヒナが病気を理由に、慰謝料を払わないとしている意思がある事を証明しようと、リサはカナに再度連絡をとる。

するとカナから、ヒナの友達だというユウコを紹介してもらい、三人で会うことになった。

⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈⇈

マンガ代が半額になるクーポンの他にも、お得にマンガが読めるクーポン配布中!!

⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊


8話 感想

カナは自分も以前被害に遭い、その時はヒナから慰謝料をとる事は出来ませんでしたが、同じ被害者でもあるリナを応援してくれてとても良い人ですね。

リナにとっても一番心強い存在になっていると思います。

そしてカナから紹介されたユウコは、あんなカナと友達でいられている事に驚きましたが、きちんとした人の様で良かったです。

ヒナの行動が最近はやりすぎていると感じていたユウコも、リナに協力してくれる事になって、これで病気を使って頑なに慰謝料を今まで払わなかったヒナから、どうにかして慰謝料を取れるかもしれないと希望が出てきた気がします。

ここで新事実が明らかになりましたが、まさかのリナ・ナオキ夫婦とヒナが同じ高校だった様ですが、カナ達と同様に同じ学校で当時好きだった人達をターゲットにして、今更不倫をしている事が怖いですよね…。

男性たちとヒナが偶然会ってしまった事も凄いですが、ヒナの執念を感じました。

そしてナオキはあんな事があり離婚はしないと散々リナに言っていたのに、まだヒナと繋がっていた事に驚きました。

LINEを同期して見れてるとは思っていなかったと思いますが、会っているとバレててもなお、言い訳をしようとしているナオキにも呆れてしまいます。

離婚はしないとナオキも言っていたので、リナも夫婦関係を修復することを少しは考えてもいいんじゃないかと頭の片隅にありましたが、ナオキの浮気癖は簡単に治りそうにもないので、離婚一択の考えのリナで良かったと思います。

リナには頑張ってもらい、ナオキとヒナからぜひ慰謝料をとってもらいたいですね!!

あの二人には本当に許せません。

今なら1350円分の漫画が、無料で読めます🎶

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。